information

ロボホン研究中

開発検証のためにロボホンやって来ました。

メールの読み上げやプロジェクタ、ダンスやジェスチャー、話題のスマートスピーカーみたいな使い方も面白いですが、気軽に楽しめるのは、やっぱり会話です。ではさっそく。(はじめにネットワークに接続します)

 

「ロボホン、こんにちは!」

「・・・・・」

結構無視されますが、頭をポンと叩いて話しかけると、一応すぐ会話してくれます。

天気を聞けば、降水確率や最高気温などの情報を、ニュースを聞けば主に「世界のニュース」をインテリっぽく答えてくれます。

とても緩い感じなので、「こんなものかな」という印象ですが、期待値に対するアンサーとしては決して悪くはなく、ほどよいいい加減さは、こちらの期待値を下げ、アンサーのクオリティが、ほんの少し上がるだけで、嬉しい気持ちを高める効果があります。

そう考えると、この見た目も声の質も、狙って可愛く緩く調整されているのだなと関心してしまいます。

ロボットに話しかけるという行為自体、かなり気恥ずかしい感じがしましたが、慣れてくると気にならなくなるあたり、これは意外とスマートスピーカーも大いに流行るかもしれないなーと感じました。

とりあえず、登録させるとどんどんと言葉を覚えていきます。育てる楽しみはありますよね。

さて、そろそろ真面目に研究します。