information

業務レポート

WP Cerber Security

WordPressのセキュリティを強化する方法は様々ありますが、基本的な対応としては、SiteGuardが有名で、コチラは弊社でもよく利用させて頂いています。

また追加で実装するのが、特定のユーザー(場所)からしかアクセスできなくする.htaccessの固定IP制限だったりするのですが、簡単な設定のため、通常は直接書き込みを行っていました。

ただ、これもプラグインで実装すると、外部から攻撃があった場合の履歴やログイン状況の詳細が分かるため、プラグインでの導入を検証。

あまり参考サイトがなかったため今回採用したWP Cerber Securityをご紹介します。

比較的こなれているようで、インストール時のエラーやバージョン等による不具合も、今回の検証では起こりませんでした。

インストールが完了すると、メニューに『WPCerber』の項目が追加されます。

ローカライズされていないため、すべて英語ですが、指定の数カ所で簡単に実装できるため、ご参考まで。

Access Listsの Add IP to the listに所有しているまた、開放したいIPを入力します。

※アクセス元は自動で設定されます。

上記にあるようにログに不正が繰り返されるIPがあればブラックリストに追加も対応。

最後にMain Settingsのタブで上記チェックを入れれば反映されます。

上記にあるように、様々な機能があるためこまかく対応したい場合は、環境や状況に併せてカスタマイズしてください。

ひとまずすぐにできる管理ページの固定IP制限でした。

 

 

 

ロボホン研究中

開発検証のためにロボホンやって来ました。

メールの読み上げやプロジェクタ、ダンスやジェスチャー、話題のスマートスピーカーみたいな使い方も面白いですが、気軽に楽しめるのは、やっぱり会話です。ではさっそく。(はじめにネットワークに接続します)

 

「ロボホン、こんにちは!」

「・・・・・」

結構無視されますが、頭をポンと叩いて話しかけると、一応すぐ会話してくれます。

天気を聞けば、降水確率や最高気温などの情報を、ニュースを聞けば主に「世界のニュース」をインテリっぽく答えてくれます。

とても緩い感じなので、「こんなものかな」という印象ですが、期待値に対するアンサーとしては決して悪くはなく、ほどよいいい加減さは、こちらの期待値を下げ、アンサーのクオリティが、ほんの少し上がるだけで、嬉しい気持ちを高める効果があります。

そう考えると、この見た目も声の質も、狙って可愛く緩く調整されているのだなと関心してしまいます。

ロボットに話しかけるという行為自体、かなり気恥ずかしい感じがしましたが、慣れてくると気にならなくなるあたり、これは意外とスマートスピーカーも大いに流行るかもしれないなーと感じました。

とりあえず、登録させるとどんどんと言葉を覚えていきます。育てる楽しみはありますよね。

さて、そろそろ真面目に研究します。

Facebook Auto Publish

Facebook Auto Publish でのポストを実装。
ひとまず、以下よりfacebookアプリを作成。

https://developers.facebook.com/

↑コチラにアクセス

マイアプリから作成したアプリを選択。

※マイアプリの作成は非常に簡単なので、今回は割愛します。作成してある前提で。

 

設定を選択。

下記の画面で表示名(facebookの投稿者になります)を入力。

+プラットフォームの追加でウェブサイトを選択。

設定するURLを入力します。

ウェブサイトで登録するURLは、WordPressのルートアドレスで。

このプロセスまで行うために、ブラウザでのWordPress側のloginと、facebook側のlogin、両方行っている事が望ましいです。

 

次に、WordPressサイドのプラグインの設定(wordPressのメニュー左下あたり)の設定は、上記で行ったfacebookの設定に併せて、指示通り入力してください。

Reauthorizeをクリック後、

wordpreesサイドの設定(セッティング)が完了されればOKです。

この状態で投稿は可能ですが、一般ユーザーからの閲覧はできません。(管理者のみ閲覧になります)

 

最後の仕上げとまして、facebookサイドのデベロッパーツールで以下の公開作業を行ってください。

※アプリレビュー → 公開しますか? → 確認

の設定を行います。

こちらの作業で、管理者しか見えなかった投稿記事が、その他、一般の方でも確認できるようになります。

2回目以降、編集したものをアップしたくない場合は、WordPress側の設定で、投稿の際、以下の項目をNOにすればOKです。

Enable auto publish post to my facebook account この項目です。

 

今回遭遇したトラブルでは、承認権限がさらに必要か、と言った点(このプラグインでは不要だった)、またサーバサイドでの設定が場合によっては必要という2点でした。

ここまでなら、Postの追加承認は不要です。

また、最低限のスペックとしてPHPは5.4以上が必須なので、古いサーバでは実装できない可能性が高いです。つまり、WPの最新版でも、インストール、もしくは稼働ができない場合があることに注意した方が良さそうです。

 

AdWords 検索 認定資格を取得

google Partnersの「AdWords 検索」認定資格取得しました。

認定資格はGoogle から AdWords 公認プロフェッショナルの認定を受けたものです。数々の試験に合格し AdWords についての豊富な知識があることが公認されています。Google AdWords を利用して、オンライン ビジネス拡大のお手伝いができます。
また現在、所属代理店申請中です。

現在進行系でgoogle AdWordsにも、日々新しい技術が追加されており、より活用方法を進歩させていく必要性を感じています。

とくに、AdWords以外のGoogleサービスとの連携やAPIの利用など、より高度な利用には、プログラムの開発も必要となってくるため、システム開発や制作の分野も広がりそうです。

Google サービスを使った集客&売上 UP セミナー

【Google サービスを使った集客&売上 UP セミナー】に参加。
日進月歩のGoogleアナリティクス含む、Googleサービスをベンチマークし続けるのは、なかなか手間のかかる作業なのですが、専門でやられている方の最近の注目サービスを含め、上級者向けの利用方法を紹介した内容でしたので、非常に参考になりました。

是非、今後弊社のサービスにも導入したいと考えています。

 

しかし、実際に手を動かす部分というのは、日頃行っている内容とさほど変わらず、検証や実践よりも「知っているか、いないか」という状況は技術的な側面より「情報」という側面が大きく、整理された情報収集のしやすさから考えると、やはり東京は有利だなぁ、と実感せざるを得ませんでした。

情報のみで、実践や検証が伴わなければ実用的な手法にはなりえませんが、導入における情報の活用は重要ですね。

とりあえず

▶オプティマイズ
▶Google データスタジオ
▶サーベイ

は研究必須です。

貸会議室予約システム(KK170601)

自社のWEBサイト、予約専用サイトから提供されている会議室の利用予約を向上させ、利用者の会員化とリピーター向上から、運用の効率化を図ります。
また、顧客管理・分析や予約状況管理、メールの自動配信など利用促進のツールも充実しております。

■機能一覧詳しくは以下のPDFにてご確認ください。

▼予約システム・機能紹介と概要図(PDF)


(sample image)




ポケットドローン

 

サイトでの動画利用も増え、弊社でもドローンによる撮影テストなんかをやっています。

本格的な撮影には、やはりPhantomなんかのジャイロスタビライザーが搭載された安定した撮影のできる機器でないと無理なところもありますが、手軽に新鮮なイメージを導入したい時などは、コンパクトなポケットドローンも有効かもしれません。

何より、より手軽に使えそうです。

そんなわけで試してみました。ポケットドローン。なかなかかわいらしいです。

dobby

dobby

安定した離着陸で評判の良いドローンです。

小型のドローンでは、高価な部類に入るので期待していましたが、操作性能は期待以上でとても安定しています。バッテリーが少ないので少し飛ばすと、すぐにバッテリー切れになっていまいますけどね。

 

とりあえず、動画もアップします。

後半がドローンからの映像です。離陸の瞬間少しぶれますが、なかなか安定していますよね。

カメラ性能や、ジャイロセンサーなんかは今度どんどんと、高性能になっていくでしょうし、バッテリー性能もそれなりによくなるでしょうから、今後観光地なんかでも飛ばす人が増えるかもしれません。

ただ、やはり空を飛ぶために羽の回転はなかなか強力。

子どもがいる場所などではどうしても危険が伴います。安全面を考慮しながら飛ばそうと思うと、周りに人が少ない場所というのは、今後もなかなか改善できないポイントでしょうね。

それでは、今度は外で実験してきます。

 

 

Soracom で IoT を試験中

昨年あたりから、IoT というキーワードが気になってきました。

弊社でも2015 年から、IoT デバイスをいじり始めているのですが、最終的にデータをインターネットに送出する事をどうしようかと考えていました。

IoT デバイスからはブルートゥースやWiFi でネット経由へデータは出せるのですが、実際の現場では、WiFi 環境がないのです。仮にWiFi 環境があったとしても、導入や環境に左右されない仕様や要求はありますので、Soracom Air の SIM を使い始めました。

(さらに…)

Red Hat 開発者向け無料サブスクリプションで出来る事

2016年の3月31日に Red Hat が開発者向けに、無料のサブスクリプションを公開しました。ご存知でしたでしょうか?

No-Cost_RHEL_Developer_Subscription_now_available_–_Red_Hat_Developer_Blog

まだ、あまり知られていないようで Google 検索してもニュース記事がほとんどです。でも実はこれ、とてもありがたいものでWEB開発やシステムを設計する際に RedHat 社のOSを採用する時にとても便利です。クリエイティブクルーが実際に使ってみて感じたポイントは以下です。

(さらに…)

Googleで簡単に作れるサイトパーツ

サイトに付加する機能の中で、とても簡単に追加できるGoogleの提供するサービスって結構ありますよね。

その中でも簡単に実装できるオススメな機能はこちら。(地図とかコピーだけで使えるのは除きます)

 

ここらへんかなと。

簡単な実装方法も記載しましたので、ご参考になれば。